top of page

院長日記H19

更新日:2022年10月2日

12月27日(木)「今年の感謝をこめて」

年末のあわただしい日々です。年内かけ込みというべきか、やっぱり今週は混んでいます。 当院としてはあと2日間の診療ですが、とくに仕事納めの明日は気合いを入れて頑張ろうと思います。 29日も診療しますが、おそらく28日のほうが混雑するかと予想しています(実際は28日、29日はすいていました。後日談)。 さて、8月に開業して初めての年末を迎えようとしていますが、おかげさまで予想以上に多くの方々に来院いただきました。 誰もすき好んで病気になって医院(病院)にかかろうという方はいないと思いますが、個人として開業している立場としては、繰り返し来て頂いたり、いわゆる口コミでいらっしゃっる方々に接するときに、当院を受け入れていただいているという感謝の気持ちを感じています。 これからも当院の方針としてかかげている、満足あるいは納得のいく医療の提供を心がけてやっていこうと思っています。また来年もよろしくお願いいたします。 それではちょっと早いですが、よいお年を・・・


12月19日(水)「ささやかなクリスマス飾りと近況と」

12月になって、もうすぐクリスマスですね。 大きなツリーは収納スペースの問題で飾れませんので、ささやかながら窓に飾りをしてみました。

みんなのところにもサンタさんがくるといいね。 ところで、福生病院にいたころは年末になると患者さんの数が増えていたので、大変になるかもと思っていましたが、今週はけっこうすいています。 その一方ですいているでしょうと伝えてあった日時に混んだりして、混雑状況がよく読めないというこの頃です。

最終週となる来週の混み具合がちょっと心配なのですが、けっこう混まなかったりするかも知れませんね。

11月24日(土)「やっぱり混みました」

勤労感謝の日であった昨日と日曜日の間で連休の谷間の土曜日でした。たぶん混雑するだろうと思っていましたがそのとおりでした。一時は30人以上待ちとなってしまいました。 あくまでも最近の状況ですが、平日の午前中は比較的すいています。とくに週半ばの水曜日、木曜日午前中はすいています。このような時間帯に来られる方は、ご利用頂ければと思います。 本日お待ちいただいた方には申し訳なく思いますが、いつもいつもこうではありませんので、悪からず・・・。



11月8日(木)「ライトクジラ」

診察用の照明にクジラをぶら下げました。

単なる飾りではありません。 気をつけてはいるのですが、診察が終わって椅子から立ち上がったときなどに、この照明に頭をぶつけてしまう方がけっこういらっしゃいます。 そこで、このようにクジラをぶら下げれば(別に何でもいいのですが)これにまずぶつかるので、照明の存在に気づいていただけるのです。 まだ2日しかたっていませんが、今のところ照明にぶつかる方はいらっしゃらないですね。照明の下側にある取っ手部分にぶつかることが多いので、ここにゴム製のカバーでもしようかと考えていましたが、これでぶつからなくなれば不要になります。 さて、果たしてどうでしょうか。








10月31日(水)「うちでは泣く子は3歳です」

午後になりますと、6歳以下のお子さんがたくさん来院します。 兄弟・姉妹での受診も多くて、電子カルテに上がってくる受診患者名を見ると2名ずつ同じ苗字が続くこともよくあります(チートイツ状態:ちなみに麻雀用語)。 小さいお子さんの場合、大人しい子、泣く子、暴れる子とけっこう差が激しいんですね。 けどこれまで見てきて、3歳までと4歳以上では聞き分けがだいぶ違います。 3歳まではあきらめモードで、泣いても暴れてもある程度お構いなしに押さえつけて処置をやってしまいます。 一方で鼻を吸引しても全然泣かない『スーパー0歳児』もいるのですが。そう、けど当院ではお子さんが痛がるような処置は本当にしていないんですよ。 4歳以上になるとある程度言ったことを理解できますし、逆に暴れられても年齢・体力的に押さえつけることが困難となってきます。ましてや小学生に暴れられたら、何もできません。逆のあきらめモードとなります。 そこで、4歳以上で泣いたり暴れたりする子がいると、「あれっ、まだ3歳だったっけ」と問いかけるのです。こうすると子供ながらに自尊心が傷つけられるようで、けっこう聞いてくれたりするんですね。 ちなみに、これまで耳鼻科医をやってきて、一番大変な処置とは何かといえば・・・実は幼児の耳垢取りなのです。 外耳道や鼓膜が傷ついたりすると大変なので、とにかく暴れる子は押さえつけて処置するのです。 そうすると、泣き叫ぶ子はもちろん、抱っこしている親、介助に入っているスタッフ、そして私も、みんなで汗だくになってしまいます。 日々の格闘は、延々と続くのでした。



10月10日(水)「混雑状況をご確認の上来院を」

昨日は、また連休明けだったのと、涼しくなって風邪をひく方が多くなったためか混雑しました。 一時は2時間以上待ちの状態となってしまい、待つことができず帰られてしまった方も数人いらっしゃいました。 逆に今日はすいていて、待ち時間はほとんどない状況でした。 当院では順番取りシステムであるアイチケットを採用しています。アイチケットはパソコンまたは携帯から混雑状況を確認することができます。この記事をご覧になっている方はネットをされている方ですので、是非このシステムをご活用いただき、すいている日にいらっしゃるか、順番取りをして少ない待ち時間で診察を受けられるようおすすめします。



9月25日(火)「連休明けは要注意」

連休明けのせいか、午後の外来は一時20人以上待ちの混雑となりました。 ただこれはどこの病院でも共通する現象です。二日分の方が来院すると考えれば当然のことですね。 急を要さない病状であれば連休明けは避けて受診された方が賢明だと思います。 それから、以前の病院勤めの頃から感じていましたが、月末は混雑する傾向のようです。 25日に銀行が混むように、給料日後に病院にかかろうということなのでしょうか。 まるで飲食店ですね。 連休明けに加えて、月末という条件が加わると混雑するのかも知れませんので、 ちょっと頭の中に入れておかれるといいのではないでしょうか。




9月12日(水)「こんな夕焼けが」

メディカル・ビーンズからこんな夕焼けがみえました。 季節的に、内科や耳鼻咽喉科は患者さんが少ないようです。 そんな合間に現れた夕焼けを眺めていました。 明日はいい天気かな。まさか大地震の前ぶれではないでしょうね・・・


8月24日(金)「それにしても8月は暑かったですね」

ここ数日ようやく少し涼しくなりましたが、この夏は暑かったですね。 熱中症で何十人も亡くなっているということは、先の地震や台風なんかよりも犠牲者が多いということになります。そういう意味では大変な気象災害といえるのではないでしょうか。 皆様は大丈夫でしたか。 ところで、スギ花粉の飛散量は、前年の夏の暑さによって変わるといわれています。 それも7月の暑さが影響するということですが、今年の7月は梅雨明けが遅れて不順な天候が続きました。 その後のこの暑さで、スギはどのように影響されたでしょうか。 ここ2年間は幸いにも?スギ花粉の飛散量は平年以下でした。 しかし、スギだって花粉を飛ばすというのは子孫を残す活動ですから、2年間不作だったあとの来春には大量に花粉を飛ばすかもしれません。 秋以降には花粉飛散量が話題になるかと思いますので、多く飛ぶ予想が出るようでしたら早めの対策をおすすめします。


8月10日(金)「開業して10日」

開業から10日が経ちました。さすがに開業間際はいろいろとやらなければならないことがあって、それもきりがないといった感じで、疲労と睡眠不足におちいりました。 「これで本当に開業できるのだろうか」という不安を抱えたまま、7月28日、29日の内覧会を迎えました。 幸い内覧会には大勢の方に来ていただきました。驚いたのはありがたく頂いた花などの贈り物の数の多さでした。 地域の方々への開業を知らせるためのちらし配布などは行いましたが、同業者やメーカーの方などへの積極的な声かけはしていませんでしたので、観葉植物の一つ、二つも来てくれればいいな、と思っていました。 内覧会当日、朝には次から次へと胡蝶蘭や観葉植物が運び込まれました。まさに嬉しい悲鳴で、大変華やかな雰囲気となりました。他にも多くの開業祝いのお品やお言葉などを頂き感謝しております。この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます。 そして開業当日をむかえ、幸いにもまた多くの患者さんに受診していただきました。不慣れな点でお待たせした方も出てしまいました。申し訳ございませんでした。 10日経って、診療の流れがだいぶスムーズになってまいりました。スタッフ一同張り切ってやっております。 これからもよろしくお願い申し上げます。 以後不定期にはなると思いますが、日記をすこしずつ更新してまいりたく思います。 またホームページの内容も徐々に充実させていきたく思いますので、ときどき覗いてみて下さい。


閲覧数:41回0件のコメント

Commentaires


bottom of page